○口唇ヘルペス(単純性ヘルペス)

くちびるやその周囲に小さな水ぶくれが出来る病気“口唇ヘルペス”は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。このウイルスの特徴は最初に感染して免疫を獲得して、その人に抗体ができても機会があれば感染や再発を繰り返すということです。直接的な接触のほかにタオルやグラスを介しても感染します。したがって親子や夫婦の間など親密な間柄での感染が多く認められます。症状としては、水ぶくれが現れるのに先立ち皮膚にピリピリ、チクチクなどの違和感、かゆみを感じます。次に赤くはれ、水ぶくれができます。次第に疼痛を伴ってきます。最後はかさぶたができて治っていきます。

やっかいなことに口唇ヘルペスはしばしば再発し、その回数は年に1~2回が多いようです。日常よくみられるものはほとんどが再発によるものです。再発の予感がしたら、または、症状が出たら、早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。治療に関してはウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス剤を使う事が最も効果的です。最近は、軟膏や錠剤のものがあり 手軽に治療出来るようになりました。